Linuxおやじ日記


日常的にLinuxのデスクトップを使っているおやじの活用記録です。
by takuo3100
カテゴリ
全体
仮想化
Linux
Windows
アプリケーション
ハード
通信
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

無線LAN

Linuxで無線LANを使うには、ちょっと苦労する場合がある。
対応としては、次のような方法がある。
1.自動認識するものを使う。
2.NdisWrapperでWindows用の無線LANドライバを使う。(手順
3.ドライバーをソースからインストール

これまで、様々なディストリビューションで挑戦してきたが、どんな場合でも確実にできるという方法はなく、上の順で試行錯誤するしかなかった。
Windows用の無線LANドライバは必ずあるわけだから、2の方法が確実のように思えるが、それが動かない場合もあるので困ってしまうこともある。

今は、ノートPCにはUbuntuを入れてメインに使っているので自動認識する「PLANX GW-USMicroN」を使っている。
これは、こんなふうに小型で、かつハイパワーでよく届くのでとても満足している。(とてもお勧めだが、もう売っていないかな?)
a0185199_15211791.gif

[PR]

by takuo3100 | 2010-12-26 15:22 | 通信
<< Ubuntu10.10とVMw... Linuxでシンクライアント >>