Linuxおやじ日記


日常的にLinuxのデスクトップを使っているおやじの活用記録です。
by takuo3100
カテゴリ
全体
仮想化
Linux
Windows
アプリケーション
ハード
通信
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

3Dカメラ

CES2011を賑わせているもののひとつが「3Dカメラ」だという。
3D対応のTVが出てきて、次は映像の記録だということだ。

ソニーなどが展示しているということたが、モニターは裸眼3D視聴に対応していたり、スマートフォンに搭載できるようなものだとか・・・もう3D時代が始まっているような感じだ。進展が早すぎ!

3D映像となると、左右の映像を2ストリームでHD記録するとデータ量は28Mbpsになるという。
こうなると記録媒体はHDDとなり、高速でエンコードできるエンジンが必要となるようだ。
[PR]

by takuo3100 | 2011-01-10 10:43 | ハード
<< OSの起動時間 Androidタブレット端末 >>