Linuxおやじ日記


日常的にLinuxのデスクトップを使っているおやじの活用記録です。
by takuo3100
カテゴリ
全体
仮想化
Linux
Windows
アプリケーション
ハード
通信
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

PuppyLinux

とても軽いLinuxに「PuppyLinux」というのがあり、その実力を試してみようと思って、相当に古いノートPCにインストールしてみた。
ノートは次のようなスペックのもので、Windowsなら98しか動かないようなもの。

FMV-6233NU2/W
CPU: PentiumII 233MHz
RAM:64MB
HDD:2GB
LCD:SVGA(800*600)

インストールはとても簡単で、ここからダウンロードしたイメージファイルをCDに焼いて、そのCDからPuppyLinuxを起動(ライブCDになっている)し、「ユニバーサルインストーラ」でインストールするだけ。
(パーティションは手動で設定してもいいが、すべて削除してまっさらな状態にしておけば、自動的に設定してくれる。)
なお、今回使ったノートにはCDドライブがないので、HDDを一旦外して別なPCに取り付けてインストールした。

こんな低スペックのPCなので動作は遅いものの普通に使える。
PuppyLinuxはアプリもそろっていて、実用性は十分にある。
a0185199_1556688.jpg

[PR]

by takuo3100 | 2011-01-16 15:44 | Linux
<< b-mobile 3G LTEは23Mbps >>