Linuxおやじ日記


日常的にLinuxのデスクトップを使っているおやじの活用記録です。
by takuo3100
カテゴリ
全体
仮想化
Linux
Windows
アプリケーション
ハード
通信
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

Mozc

Googleが提供している日本語入力ソフトの「Mozc」(モズク)をUbuntuでも使っているのだが、新しいバージョンが公開されているということを、箕面市役所の那谷さんのブログで見て、バージョンアップした。

ブログに書いてある手順は次のとおりだが・・・
・PPAをレポジトリに追加
$ sudo add-apt-repository ppa:japanese-testers/mozc
・パッケージ情報を更新
$ sudo apt-get update
・「システム→システム管理→Synaptic パッケージ・マネージャ」から、検索語 "mozc" で出てくる、「mozc-utils-gui」「mozc-server」「ibus-mozc」をインストール

私の場合は、すでに古いバージョンをインストールしているので、上の手順の3番目は、新規のインストールではなく、アップグレードすることになる。
バージョンアップされると、次のようにツールバーのアイコンが変わる。
Ubuntuらしくオレンジ色がベースになっていて、感じが良い。
a0185199_19171845.gif

それにしても、こんなに日本語入力機能が進歩すれば、もうWindowsと使い勝手は変わらない。
それが無料で手に入るのだから、良い時代になったものだ。
[PR]

by takuo3100 | 2011-03-07 19:20 | アプリケーション
<< テザリング KNOPPIX6.4.3 >>