Linuxおやじ日記


日常的にLinuxのデスクトップを使っているおやじの活用記録です。
by takuo3100
カテゴリ
全体
仮想化
Linux
Windows
アプリケーション
ハード
通信
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

Ubuntu11.10のgeditは

文字コードを自動認識しないようだ。
11.04まではそんなことなかったように思うのだが・・・

Windowsで作ったSHIF_JISのテキストファイルを開くと文字化けする。
検索してみると、gconf-editorを起動して、auto_detectedの文字コードにSHIFT_JISを追加して、それを優先順位の上位に置くとか、対策方法が書いてあったが、やってみてもダメだった。
認識しないで、UTF8にしか対応していないような感じだ。
結局、あきらめて、デフォルトのテキストエディターをLeafpadに変えた。
これで、前と同じようになった。

VineLinuxは、デフォルトがgeditではなく、Leafpadになっている。
こんなトラブルもあるから避けたのか?
でも、VineLinuxのgeditは、文字コードをちゃんと自動認識してくれる。(問題なし)

他にもいろいろあるが、Ubuntu11.10は不具合が出ることがある。
これは困る!他人に勧められなくなってきた。
[PR]

by takuo3100 | 2011-11-12 23:02 | Linux
<< UbuntuからVineLin... Ubuntu11.10 >>