Linuxおやじ日記


日常的にLinuxのデスクトップを使っているおやじの活用記録です。
by takuo3100
カテゴリ
全体
仮想化
Linux
Windows
アプリケーション
ハード
通信
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

HDD完全消去

HDDに記録された情報を完全に消去するのは、Linuxだと簡単。
他人からもらったPCのHDDを消去する必要ができて、やってみた。

shredというコマンドを使う。
HDDを増設した形にして、今使っているLinuxからやってもいいが、間違って現用のドライブを消去すると困るので、HDDを差し替えて、CDから起動するLinux(今回はKNOPPIXを使用)を使った。

KNOPPIXだと、起動後
$ su
でrootになり、
# shred -n 2 -v /dev/sda
とするだけ。とても簡単。
-n はランダムな書き込みを行う回数。今回は2回にした。
-z と指定すると、25回やるという。国家機密レベルの情報を消去するときにはこれぐらいやるのだということ。
-v は進捗状況を表示してくれねので、必ずつけた方がいい。
あとは、HDDのデバイス名を指定するだけだ。
この設定で40GBを消去するのに1時間ほどかかった。
[PR]

by takuo3100 | 2011-11-13 20:14 | ハード
<< Windows8への移行 UbuntuからVineLin... >>