Linuxおやじ日記


日常的にLinuxのデスクトップを使っているおやじの活用記録です。
by takuo3100
カテゴリ
全体
仮想化
Linux
Windows
アプリケーション
ハード
通信
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:Linux( 42 )


Linuxでシンクライアント

Linuxには、LTSP(Linux Terminal Server Project)というサーバーソフトがあり、シンクライアントのシステムを簡単に構築できる。
導入方法は、ここにあるが、非常に簡単にできてしまう。ポイントは、DHCPの設定と、クライアントの起動設定(ネットワークブート)。
我が家でも、実験してみてが、非常に手軽にできることに驚くとともに、経費をかけずにこんな高度なシステムが構築できることに感激した。

大阪府箕面市では、この機能を使って、中古パソコン500台を再生して、学校のLANを構築しているのだという。
その資料はここにあるが、素晴らしい取り組みだと思う。
この他にも、自治体でのオープンソース活用の動きが広がっているようで、注目しているところ。
[PR]

by takuo3100 | 2010-12-26 14:02 | Linux

日本語入力

Linuxデスクトップが実用的に利用できるようになったのは、GoogleのMozcの登場が大きく貢献している。
これまでは、多くのUNIXで使われていたCannaをLinuxでも使っていたのだが、これではWindowsの漢字入力には追いつかないと思っていた。
ATOKのLinux版が発売になってからは、これを使っていて、「やっとWindowsと同じ環境ができるようになった」と感激したもの。しかし、問題点は、ディストリビューションによってインストール方法が違ったり、OSがアップグレードするたびにインストールし直さないといけなかったり・・・と誰でも簡単に利用できる状態ではなかった。
MozcをWindowsにも入れているので、どちらも同じ環境ができている。

UbuntuにMozcをインストールする方法は次のところにある。
Ubuntu10.10の場合は「日本語環境環境セットアップ・ヘルパ」で設定するだけ
Ubuntu10.04までの場合は、リポジトリを追加して

Ubuntuの使い方については、上のリンク先である「箕面市役所Edubuntu日記〜情報システム管理担当者のつぶやき〜」がとても役立っている。(箕面市役所の那谷さんに感謝)
[PR]

by takuo3100 | 2010-12-26 11:48 | Linux