Linuxおやじ日記


日常的にLinuxのデスクトップを使っているおやじの活用記録です。
by takuo3100
カテゴリ
全体
仮想化
Linux
Windows
アプリケーション
ハード
通信
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:アプリケーション( 25 )


ノートパソコンで自動ログイン

VineLinux6.1をインストールしたノートパソコンで自動ログインする方法

○自動ログインするユーザーを設定
 システム→システム管理→ログイン画面 で設定画面を開き、
 「次のユーザで自動ログインする」を設定

○自動ログインを設定した際に、その都度パスワードを聞かれるのを回避
 場所→ホーム・フォルダを開き
 表示→隠しファイルを表示するにチェック
 .gnome/keyrings を開き、login.keyringを削除して再起動
 起動するとき無線LANのパスワードを聞かれるので入力
 次に、「新しいキーリングのパスワード指定」の画面が出るので
 パスワード欄には何も入力しないで「OK」
 「暗号化していないパスワードを保存しますか?」と聞かれるので
 「安全でないストレージを使う」を選択
 これで、次からはパスワードを聞かれることなく自動ログインするようになる。
[PR]

by takuo3100 | 2013-09-01 16:14 | アプリケーション

Impressの印刷

LibreOfficeのImpressで印刷すると、左上に寄って、余白が適切にとれない・・・
という問題が解消できた。

・このようになるのは、ページ書式の用紙設定がA4ではなく「画面4:3」や「ユーザ設定」となってしまうことによる。
・用紙をA4にすればPowerpointと同様きちんと印刷できるようになる。(余白が1cm設定されるので必要に応じて調整)
※ただし、このままでプレゼンすると、余白が効いて画面いっぱいに表示されないので、プレゼンするときには用紙設定を「画面」に戻す必要がある。
a0185199_1611241.png

[PR]

by takuo3100 | 2013-09-01 16:11 | アプリケーション

Raspberry Piをネットラジオ受信機に

山間部で電波が弱く、NHKラジオが聞けない地域に住んでいるので、Raspberry Piでネットラジオを聞く受信機を作ってみた。
ここを参考してやってみたらうまくいった。
手順等は次のとおり。

●必要なアプリをインストール
mplayerとrtmpdumpをインストール
$ sudo apt-get install mplayer
$ sudo apt-get install rtmpdump swftools libxml2-utils

●受信確認
「らじる☆らじる」のNHKラジオ第1放送が聞けることを確認
$ mplayer -playlist http://mfile.akamai.com/129931/live/reflector:46032.asx

ちなみに、
ラジオ第2放送のURLは
http://mfile.akamai.com/129932/live/reflector:46056.asx
FM放送のURLは
http://mfile.akamai.com/129933/live/reflector:46051.asx
とのこと

●起動設定
・起動用スクリプトとして次の内容を例えば「nhkr1」というファイル(ファイル名は任意)に保存し、/etc/init.d/の中に置く
--------------------
mplayer -playlist http://mfile.akamai.com/129931/live/reflector:46032.asx
--------------------

・実行できるようにする
$ sudo chmod 755 /etc/init.d/nhkr1

・起動時に実行されるように設定
$ sudo cp update-rc.d /etc/init.d/nhkr1 defaults

・エラーメッセージが出たので再度実行
$ sudo cp update-rc.d nhkr1 defaults

★これで自動起動するようになった。
・ラジオ専用とするなら、必ずしもX-Windowを起動する必要はないし、マウスとキーボードも必要ない。
・写真のようにスピーカーと接続して電源を入れると43秒で音が出る。
・終わるときは、そのまま電源を切っているが、問題なさそう。
 →数日使ったところで、起動しなくなったので、ディスプレイを接続して見たところ、ファイルシステムにエラーがあるのでfsckをやるようにというメッセージがでていたので、次のようにして復旧した。
$ sudo fsck /dev/mmcblk0p2

a0185199_12252171.jpg

[PR]

by takuo3100 | 2013-06-09 12:25 | アプリケーション

Dropbox

VineLinux6.1に、オンラインストレージDropboxのクライアントをインストールしようとして、ハマるところだった。
Dropboxのホームページには、Linux用としては、Ubuntu、Fedora、Debian用と、自分でコンパイルするソースが載っている。
Fedora用のrpmはインストールできず、ソースからコンパイルしようとしてもconfigureの途中でエラーとなった。
ググってみたら、VineLinux用が用意されていることがわかったので、次の手順でできた。
★Synapticパッケージマネージャーで、self-build-nautilus-dropboxをインストールする。
★「アプリケーション」「インターネット」「Dropbox」を起動するとインストールが始まる。
[PR]

by takuo3100 | 2013-02-09 20:55 | アプリケーション

Firefox 15

FirefoxとThunderbirdのバージョンが15にアップした。
Firefoxには、HTML5を利用してPDFを表示する機能が付加されているという。
最近、Ubuntu12.04でFirefox15にアップグレードされたので、確認してみた。

「ツール」「アドオン」で「拡張機能」を見ると、「PDF Viewer」というのがある。
a0185199_11263360.png

私は、PDFの表示にはAdobe Readerを使っているので、これを無効にすると新機能の「PDF Viewer」が有効になる。
a0185199_11295177.png

これで、ブラウザーの機能だけでPDFを見ることができるようになる。
a0185199_1131329.png

※この機能を有効にするために特別な設定が必要だという情報もあるが、私の場合は、それは必要なかった。
 また、不安定だという情報もあるが、私の場合は今のところ問題ないので、しばらくこれで使ってみる。
[PR]

by takuo3100 | 2012-09-01 11:36 | アプリケーション

LibreOffice 3.6

LibreOfficeがバージョンアップして3.6が出たので、早速インストールしてみた。
Vine Linuxに、LibreOfficeのホームページからダウンロードしたRPMファイルを使ってインストールしたが、うまく行ったようだ。

3.6になって、デザイン面の変更とかもいろいろあるようだが、使って嬉しいのは、次の2つかな?
(大きいポイトだと思う)

1.用紙設定に日本の「ハガキ」が追加されたこと
 これはけっこう大きいかも。うちのかみさんにLinuxを使わせようとしたけど、用紙にはがきサイズがないとわかって、「これは使えない」とあきらめていたから。
a0185199_22494334.png

2.プレゼンテーションのImpressのテンプレートが10個に増えたこと
 私は、Powepointとの違いの一番大きいのが、テンプレートが少ないことだと思ってきていて、未だにプレゼンに、Impressはほとんど使わない。テンプレート、もっと増やしてほしい。(どこかから取ってくればあるのかもしれないが、標準でついていてほしい。)
a0185199_22495916.png

[PR]

by takuo3100 | 2012-08-13 22:50 | アプリケーション

Vine LinuxでDropbox

写真や資料のファイル共有にDropboxを使っているが、Vine Linux6.0を入れたPCでも使えるようにした。
Vine Linuxには、Dropboxのインストール用プログラムが用意されているので、簡単にできた。

○システム→システム管理→Synapticパッケージマネージャを起動
○「dropbox」で検索すると、
 「self-build-nautilus-dropbox」が見つかるので、まずこれをインストール
○アプリケーション→インターネット→Dropboxでインストールが始まる。
[PR]

by takuo3100 | 2012-06-30 23:36 | アプリケーション

デスクトップの録画

デスクトップを動画でキャプチャーする方法を試してみた。
次のような用途に対応できる。
・アプリの操作を動画で説明する。
・リアルタイムの動画配信を録画し後で視聴する。

使うアプリは「Desktop recorder」。
起動すると次のようなコントロールウインドウが開くので、「ウインドウ選択」で録画したいウインドウを選択し(これをやらなければ全画面が録画される)、「録音(R)」ボタン(表示するなら「録画」が正解と思われるが)を押すと録画が始まる。
a0185199_919093.png

ところが、この状態では動画配信の音声などデスクトップの音は録音されない。
これを録るためには、次の設定をあらかじめやっておく必要がある。
・「システム設定」から「サウンド」の設定を開く
・「ハードウエア」タブの「内部オーディオ」の「プロファイル」を「アナログステレオ入出力」から「アナログステレオoutput」に変更

停止をすると、エンコードされ(長時間録画するとエンコードにかなり時間がかかる)、ホームに「out.ogv」という動画ファイルができる。
[PR]

by takuo3100 | 2012-04-22 09:32 | アプリケーション

LibreOffice 利用マニュアル

JA福岡市が、LibreOfficeの利用マニュアルを作成し公開している。
MS Officeから移行する場合に役立つポイントをまとめていて、これは使える。

JA福岡市は、LibreOfficeへの乗り換えにより、役820万円のコスト削減を見込んでいるという。
乗り換えた理由としては、オープンソス活用によるコスト削減と、国際標準の文書フォーマットODF採用による文書管理の効率化をあげている。
[PR]

by takuo3100 | 2012-01-08 09:11 | アプリケーション

FreeNAS 8

FreeNASというNAS(Network Attached Storage)のシステムを試してみたところ、とても簡単にNASができることがわかった。
FreeNASはFreeBSDをベースにしたもので、これから派生してLinuxのDebianをベースにしたOpenMediaVaultというのもあるので、最初はこれをやってみたが、実験台にしたPCではなぜかうまくいかなかったので、FreeNASの最新バージョンの8.0.2をここからダウンロードした。
わずか100MBほどのCDイメージにOSとNASのサーバソフトが入っている。

焼いたCDを起動してインストールするのだが、ここで重大な問題がある。
FreeNASは、システムとデータのドライブを物理的に分けることを前提に構築するようになっている。つまり、ひとつのHDDにシステムとデータ領域を分けて入れることはできない。
システムをインストールすると、そのドライブは全部使ってしまうので、領域が余っていても他に利用することはできないのだ。
システムのサイズは、2GBほどなので、HDDをひとつ占用するのはもったいないし、信頼性を高めるためにも、システムはSSDに入れるのがいい。
今回はUSBメモリーを使ったが、これが低コストで、簡単に実現できる方法だ。

USBにインストールするのも簡単で、USBメモリーを差しておいてからインストール用CDを起動すれば、きちんと認識して、インストール先を選択するリストに出てくる。
インストールが終わったら、再起動してUSBからブートさせれば、サーバ側は設定完了。(もちろん、データ用HDDを接続しておく。)
これから先の設定は、クライアントからサーバにWeb接続して行う。
HDDをストレージとして追加し、共有設定をすれば使えるようになる。
このあたりの設定は、ここを見て行った。
設定方法を知ってしまえば、本当に10分でNASを立ち上げることができる。

FreeNASは、ソフトウェアRAIDもできるようなので、今回やったように、中古パソコンとUSBメモリーを使って(HDDは新品を購入するが)低コストで簡単に信頼性の高いNASが構築できる。
家庭や小規模な事業所での利用には適しているのではないだろうか。
PCを新しく組むなら、Atomのような低消費電力のCPUを使えば、good!
[PR]

by takuo3100 | 2011-12-04 18:51 | アプリケーション