Linuxおやじ日記


日常的にLinuxのデスクトップを使っているおやじの活用記録です。
by takuo3100
カテゴリ
全体
仮想化
Linux
Windows
アプリケーション
ハード
通信
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧


Ubuntuの人気が低下?

「Ubuntu の人気が急降下 ― Unity の採用が原因か?」という記事が出ていた。
ディストリビューションのランキングによると、2010年まではトップのシェアであったUbuntuが、最近の調査結果によると、4位に低下しているという。
「Ubuntu 人気低下は、11.04バージョンからデフォルトインターフェイスとして採用された Unity が原因ではないかと見られている。」ということらしい。
でも、そんなに、Unityって悪いかな?
ちなみに、3位までの順位は、Mint、Fedora、openSUSEの順で、最近Mintの伸びが急になっているそうだ。
Mintもいいかもしれないが、日本語で使うには不安がある。
(MintはUbuntuがベースになっているので、Ubuntu Japanese Teamのリポジトリを追加すれば日本語環境が整うようだが)
やはり、私のお勧めは、VineLinuxとUbuntuだ。
[PR]

by takuo3100 | 2011-11-30 20:56 | Linux

VIAの超小型PC自作キット

台湾のCPU等のチップメーカーであるVIAが、超小型のPC自作キットを発表したという。
ここに記事があるが、CPUはデュアルコアのEden X2 1GHz、チップセット内蔵のビデオ機能は、MPEG-2、WMV、H.264等の再生支援に対応するとのこと。
このスペックを見ると、一応Windows7やUbuntu等が普通に動くPCが簡単に低コストで作れるように期待できる。
価格はどれくらいかと、VIAの発表資料にあったアメリカの販売店を見たら、239ドルだった。
これに、メモリーとHDDを買い足しても、3万円程度で手のひらに乗るような超小型のPCができることになる。

我が家で、WindowsXPからの移行対応の選択肢にできるかもしれないので、どの程度の実力かを確認しなければ。
[PR]

by takuo3100 | 2011-11-24 19:01 | ハード

KompoZer

ホームページの編集をすることがたまにあり、昔からWindowsで「ホームページビルダー」を使っていた。
仮想化Windows7の方に何代か前のホームページビルダーを入れているので、必要なときにはそれを立ち上げて使えばいいので、それほど困ることはなかったが、Linuxで動く編集ソフトがあれば、なお都合が良い。
たまたま、ここで「KompoZer」というアプリを見つけたので、さっそく入れてみた。
ちょっと使ってみたところでは、私が使う範囲で「ホームページビルダー」の代わりにはなりそう。
[PR]

by takuo3100 | 2011-11-23 15:30 | アプリケーション

Google Calendar

スケジュール管理にGoogleの「カレンダー」を使っている。
スマホでもアプリの「ジョルテ」から利用できてとても便利だ。
PCでは、以前日経Linuxに載っていた、Google Calendarと連動するアプリを手動でインストールして使っていたが、Ubuntuを11.10にアップグレードしたときに消えてしまったので、これに変わるものを物色した。
まず、Thunderbirdのスケジュール機能をGoogleと連動させることはできないかと調べてみたら、「Provider for Google Calendar」というアドオンがあることがわかった。これは、GoogleカレンダーのデータをThunderbirdに双方向で取り込むもののようだ。
「ツール」「アドオン」でアドオンマネージャーを起動し、検索してみたら、「Not available for Thunderbird 7.0.1」ということで導入できなかった。
他の方法はないかと探してみたら、「Google Calendar Tab」というのがあったので、アドオンに追加した。これは、ThunderbirdにタブとしてGoogleカレンダーを開くというもの。つまり、Googleカレンダーそのものが出てくるということ。
ひとまず、これを使うことにする。
[PR]

by takuo3100 | 2011-11-23 12:50 | アプリケーション

Excel VBA

ExcelのマクロはOpenOfficeでは動かないと思っていたが、最近のバージョンではVBAを動かす機能が追加されている。
試しに、Excelで作成したマクロ付きのファイルをOpenOffice3.3で読み込んでみたら、きちんとVBAとして認識して動いた。
VBAのすべてのコマンドが対応しているのかはわからないが、うまく移行できれば、OpenOffice(又はLibreOffice)への転換が促進されるかも?
[PR]

by takuo3100 | 2011-11-23 11:58 | アプリケーション

Ruby on Rails

Rubyが注目されている。
Ruby on Rails が出て、Webアプリを開発するのがとても効率的にできるようになったので、利用が進んでいるということのようだ。
これは私もやってみなければ・・・というわけで、ここを見てやったみた。
なんと簡単にブログの基本的な仕組みができてしまった。
これはすごい!
データベースのMySQLとの接続もチョー簡単!
実用的なアプリを簡単に作れるツールとして活用できそうだ。
いろんなモノを作って、まずは家庭内乱(LAN)で動かしてみよう。
[PR]

by takuo3100 | 2011-11-21 23:28 | アプリケーション

Windows8への移行

我が家には、WindowsXPのPCが4台あるので、2014年のサポート停止までに、Windows7か8に移行しなければならない。
ソフト的にはなんとかなると思えるのだが、ハードが対応するかが問題。
試してみるために、ちょうど公開されているWindows8のDeveloper Preview版をインストールしてみた。
結果的には、今となっては何世代か前の、Pentium4 2.4GHz,i845+GeForce FX 5200でも、動くことが確認できた。
Windows8の32bit版のシステム要件は、CPU 1.0GHz以上、RAM 1GB以上、DirectX 9.0 以上の GPU、HDD空き容量 16GB ということなので、我が家に今あるPCでも対応できるだろう。この際、新しくしてハードもアップグレードしたいとも思うが、今ある資源の有効活用か?
[PR]

by takuo3100 | 2011-11-21 23:05 | Windows

HDD完全消去

HDDに記録された情報を完全に消去するのは、Linuxだと簡単。
他人からもらったPCのHDDを消去する必要ができて、やってみた。

shredというコマンドを使う。
HDDを増設した形にして、今使っているLinuxからやってもいいが、間違って現用のドライブを消去すると困るので、HDDを差し替えて、CDから起動するLinux(今回はKNOPPIXを使用)を使った。

KNOPPIXだと、起動後
$ su
でrootになり、
# shred -n 2 -v /dev/sda
とするだけ。とても簡単。
-n はランダムな書き込みを行う回数。今回は2回にした。
-z と指定すると、25回やるという。国家機密レベルの情報を消去するときにはこれぐらいやるのだということ。
-v は進捗状況を表示してくれねので、必ずつけた方がいい。
あとは、HDDのデバイス名を指定するだけだ。
この設定で40GBを消去するのに1時間ほどかかった。
[PR]

by takuo3100 | 2011-11-13 20:14 | ハード

UbuntuからVineLinuxに載せ替え

常用しているノートバソコンにUbuntuを入れてきていたが、11.10へのアップグレードがうまく行かなかったので、VineLinux6に載せ替えた。

ノートは、dynabook SS MX/2E(CPU:Celeron-M 1.0GHz,RAM:752MB,HDD:60GBのうち10GBをLinuxに使用)。WindowsXPとデュアルブートだが、通常はLinuxをデフォルトで使っていた。
このスペックのPCでこれまでUbuntuは十分快適に使えてきていたのだが、今回のアップグレードで、無線LAN(GW-USMicroN)が自動認識しなくなったり、エディターgeditが文字コードを自動認識しなくなったり、デスクトップのアイコンが表示されなくなったり、シャットダウンのボタンがなくなったり・・・と不具合が出て、起動も遅くなってしまった。

クリーンインストールしてみれば、ある程度は解消されるものもあるかもしれないが、それなら確実に動く別なものをインストールしてみようと思って候補を考えた。

●PuppyLinux
 軽いのは良いし、インストールもできそうだけど、Ubuntuから換えるには機能を落としすぎ?
 それから、操作性が違いすぎるのも難点、で候補から外す。

●KNOPPIX
 日本語版が新しくなり、LXDEで軽そうだし、その一方でkernel3を使ったりしているし、アプリもたくさんあるし、Ubuntuと同じDebianベースなのでよさそうなので、トライしてみたが、どうしてもHDDにインストールができなくて断念。

●VineLinux
 やっぱり国産品愛用だ!というわけで最後に頼るのは、以前にも利用していて、よく知っているVineLinuxになった。
 インストールも何の問題もなくあっけなく終わった。なんといっても、インストール直後にiBus-Mozcが何もしなくても動くというのがとても嬉しい。更に、無線LAN(GW-USMicroN)が自動認識されてこれまた何もしなくても動いたのには感激。(VineLinuxの古いバージョンでは動かなかったから。)

というわけで、今のところ、一番安定して動かせるのはVineLinuxということになるかな?
[PR]

by takuo3100 | 2011-11-13 15:25 | Linux

Ubuntu11.10のgeditは

文字コードを自動認識しないようだ。
11.04まではそんなことなかったように思うのだが・・・

Windowsで作ったSHIF_JISのテキストファイルを開くと文字化けする。
検索してみると、gconf-editorを起動して、auto_detectedの文字コードにSHIFT_JISを追加して、それを優先順位の上位に置くとか、対策方法が書いてあったが、やってみてもダメだった。
認識しないで、UTF8にしか対応していないような感じだ。
結局、あきらめて、デフォルトのテキストエディターをLeafpadに変えた。
これで、前と同じようになった。

VineLinuxは、デフォルトがgeditではなく、Leafpadになっている。
こんなトラブルもあるから避けたのか?
でも、VineLinuxのgeditは、文字コードをちゃんと自動認識してくれる。(問題なし)

他にもいろいろあるが、Ubuntu11.10は不具合が出ることがある。
これは困る!他人に勧められなくなってきた。
[PR]

by takuo3100 | 2011-11-12 23:02 | Linux