Linuxおやじ日記


日常的にLinuxのデスクトップを使っているおやじの活用記録です。
by takuo3100
カテゴリ
全体
仮想化
Linux
Windows
アプリケーション
ハード
通信
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


Lubuntu 12.04 Alpha 1

Ubuntu 12.04 Alpha 1 のCDイメージが置いてあるページにはLubuntuもあったので、ここからダウンロードしてもLubuntuも入れてみた。

LubuntuはデスクトップのGUIにLXDEを使った軽いディストリビューションだ。
インストールはUbuntuと同じ手順でできるが、日本語入力システムは何もインストールされないので、手動で
$ sudo apt-get install ibus-mozc
とやってiBusとその上で動かせるMozcをインストールした。

CPUはCore 2 Duoだが、VirtualBox上で動かしているのでフルスペックのUbuntuでは動作がちょっと遅く感じる。その点、Lubuntuだと早くなるので、良い。
今回、Lubuntuも簡単に日本語が使えるようにできることがわかった。PCのスペックによっては選択肢にできる。
a0185199_13395280.png

[PR]

by takuo3100 | 2012-01-09 13:39 | Linux

Ubuntu 12.04 LTS Alpha 1

ベータ版まで待てなくて、アルファ版をインストールしてみた。
Ubuntu 11.10に仮想化システムのVirtualBoxを入れて、この上でUbuntu 12.04 LTS (Precise Pangolin) Alpha 1をインストールした。
(インストール用CDはここからダウンロードして作成した。)

まず、パッケージのバージョンを確認したら、Gnomeは3.2だったが、Linuxカーネルは3.2になっていた。(Ubuntu11.10はカーネルは3.0)
国際版だが、インストール時に日本語を選択すれば、日本語表示・入力も問題ない。
日本語入力は、iBus-Anthyがインストールされているので、iBusの設定をするだけで使えるようになった。
更に、
$ sudo apt-get install ibus-mozc
で、最新バージョンのMozcがインストールできて、再起動後iBusの設定をすれば使えるようになった。
a0185199_11133657.png

[PR]

by takuo3100 | 2012-01-09 11:14 | Linux

Ubuntu 12.04

Ubuntu 12.04のアルファ版が出たというニュースが流れている。
12.04は、Long Term Support (LTS)になるということで、どんな機能が搭載されるかということが注目される。
12.04は、「デスクトップが大規模サイトでも管理しやすく、さまざまな組織のニーズに応じた厳しい管理にも対応する」のが特徴だとか。

記事によると、並行して開発が進んでいるのが、GNOME 3.4とLinux 3.2 カーネルだ。
Ubuntu 12.04では、GNOME 3.4は間に合わないようだが、Linux 3.2 カーネルは採用されるようだ。

ベータ版が出たら試してみようと思う。
[PR]

by takuo3100 | 2012-01-08 10:25 | Linux

LibreOffice 利用マニュアル

JA福岡市が、LibreOfficeの利用マニュアルを作成し公開している。
MS Officeから移行する場合に役立つポイントをまとめていて、これは使える。

JA福岡市は、LibreOfficeへの乗り換えにより、役820万円のコスト削減を見込んでいるという。
乗り換えた理由としては、オープンソス活用によるコスト削減と、国際標準の文書フォーマットODF採用による文書管理の効率化をあげている。
[PR]

by takuo3100 | 2012-01-08 09:11 | アプリケーション