Linuxおやじ日記


日常的にLinuxのデスクトップを使っているおやじの活用記録です。
by takuo3100
カテゴリ
全体
仮想化
Linux
Windows
アプリケーション
ハード
通信
未分類
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

Ubuntu 12.04

Ubuntu 12.04 がリリースされたので、少し迷ったけど、早く使ってみようと思ってアップグレードした。
結果的にはうまくいったのだが、簡単には行かなかった。
Linuxのバージョンアップは、いつもヒヤヒヤ・・・。(苦笑)

今日やったことをまとめておく。

○Ubuntoのバージョンアップ
 以前、オンラインバージョンアップがうまく行かなかったこともあり、CDイメージをダウンロードして、liveで動くことを確認してから、CDを使ってバージョンアップした。
 更に、日本語環境設定のためここを見て追加作業をした。
$ sudo add-apt-repository ppa:japaneseteam/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ubuntu-defaults-ja

○アプリケーションの追加作業
 ほとんどのアプリはそのまま動いたが、VMware Playerは削除されていた。
 設定は残っているので、アプリ本体を再インストールすればいい・・・はず。
 VMware Playerの最新バージョン4.0.2をダウンローして、インストールしようとしたが、「virtual network device」がエラーとなって完了しない。
 調べてみたら、こんな情報があったので、次のとおり追加作業をしてうまく行った。
$ sudo apt-get install patch
$ wget http://weltall.heliohost.org/wordpress/wp-content/uploads/2012/01/vmware802fixlinux320.tar.gz
$ tar -xf vmware802fixlinux320.tar.gz
$ sudo ./patch-modules_3.2.0.sh

この結果、今のところ問題なく動いている。
前のバージョン11.10と比べて、操作上大きく変わったところはなさそう。
[PR]

# by takuo3100 | 2012-04-28 21:43 | Linux

デスクトップの録画

デスクトップを動画でキャプチャーする方法を試してみた。
次のような用途に対応できる。
・アプリの操作を動画で説明する。
・リアルタイムの動画配信を録画し後で視聴する。

使うアプリは「Desktop recorder」。
起動すると次のようなコントロールウインドウが開くので、「ウインドウ選択」で録画したいウインドウを選択し(これをやらなければ全画面が録画される)、「録音(R)」ボタン(表示するなら「録画」が正解と思われるが)を押すと録画が始まる。
a0185199_919093.png

ところが、この状態では動画配信の音声などデスクトップの音は録音されない。
これを録るためには、次の設定をあらかじめやっておく必要がある。
・「システム設定」から「サウンド」の設定を開く
・「ハードウエア」タブの「内部オーディオ」の「プロファイル」を「アナログステレオ入出力」から「アナログステレオoutput」に変更

停止をすると、エンコードされ(長時間録画するとエンコードにかなり時間がかかる)、ホームに「out.ogv」という動画ファイルができる。
[PR]

# by takuo3100 | 2012-04-22 09:32 | アプリケーション

Raspberry Pi

Raspberry Pi という35ドルのPCがあるという。
ここに情報があるが、名刺サイズのボードPCで、スペック的にWindowsは無理だが、Linuxが動くという。
早く手に入れて試してみたいと思う。
低コストで汎用OSが載った小型のPCが実現できれば、高齢者向けの様々なアプリに応用できそうだ。
地デジ化によって家庭に入ったデジタルテレビをディスプレイに使い、誰でもが使えるPCとして利用することができる。
ネットシッピング、テレビ電話、ビデオ・オン・デマンドなど簡単に実現できそう。
[PR]

# by takuo3100 | 2012-03-20 10:05 | ハード

Windows 8 Consumer Preview

Windows 8 の一般ユーザー向けプレビュー版が出たので、空きHDDにインストールして試している。
印象としては、ユーザーインターフェース(UI)はタブレットでの利用を意識しているようで、従来のWindowsの流れとは大きく違ってきているように思える。
従来のWindowsでは、操作メニューを見ながら手順を追ってやっていけばできたが、新UIでは、何も出ていないので直感的に操作方法がわからない。
例えば、起動したアプリを修了する場合は、そのアプリのwindowをドラッグして画面の下の方向に追い出す・・・ということは知っていないとできないし、すべてを終了して電源を切りたい時は、画面右からツールバーを出して(そもそもこの操作がわかりにくいのだが)その中にある「Shut Down」ボタンを押すということも知っていないとわからない。

■Windows 8の売り(?)のMetroというUI
 タブレットにはいいのかもしれないが、従来のWindowsとは大きく違う。
a0185199_10291337.png


■Metroではなく、従来型のデスクトップもある。
 しかし、左下の「スタート」ボタンがないので、次にどうしたらいいかわからないかも?
a0185199_10312955.png

[PR]

# by takuo3100 | 2012-03-20 09:41 | Windows

Lubuntu 12.04 Alpha 1

Ubuntu 12.04 Alpha 1 のCDイメージが置いてあるページにはLubuntuもあったので、ここからダウンロードしてもLubuntuも入れてみた。

LubuntuはデスクトップのGUIにLXDEを使った軽いディストリビューションだ。
インストールはUbuntuと同じ手順でできるが、日本語入力システムは何もインストールされないので、手動で
$ sudo apt-get install ibus-mozc
とやってiBusとその上で動かせるMozcをインストールした。

CPUはCore 2 Duoだが、VirtualBox上で動かしているのでフルスペックのUbuntuでは動作がちょっと遅く感じる。その点、Lubuntuだと早くなるので、良い。
今回、Lubuntuも簡単に日本語が使えるようにできることがわかった。PCのスペックによっては選択肢にできる。
a0185199_13395280.png

[PR]

# by takuo3100 | 2012-01-09 13:39 | Linux